人生の「軸」を持っていますか

この記事は約2分で読めます。

InspiredImages / Pixabay

『私はいつも 主を前にしています。 主が私の右におられるので 私は揺るがされることがありません。』(詩篇16篇8節)

我が家の子どもの幼稚園では「コマ」がブームのようです。といっても、上部に持つところが付いていて、そこを持って巻いた糸を引っ張れば回せる「簡単コマ」ですが、幼稚園児にはそれでも難しいようで、何日か懸命に挑戦した後、ついにできるようになり、大喜びで何度も回しています。このコマ、実力はなかなかあなどれないようです。大人が回せば1〜2分は回りそうな雰囲気です。

ところで、コマの連続回転時間のギネスブック記録は、なんと「7時間1分14秒!」だそうです。途方もない長さです。一体どうしたらそんな長い時間、倒れないでいられるのでしょうか。

その秘訣は「回転軸が安定していること」にあるのは間違いないでしょう。綺麗に回るコマは、止まっているかと思うほど安定しています。これを「眠りコマ」と言うそうです。そのように、軸がブレないコマは息長く回り続けるのです。

このことは、私たちの人生にもこれは当てはまることではないでしょうか。「人生の軸があるか?」とは良く言われることですが、実際どれだけの人々が、一本の筋の通った「軸」を持って生きているでしょうか

軸が無い人生は、ブレるコマのように揺れ動き、ついには倒れてしまいます。それで、人々は色々なものを「軸」にしようとします。社会的成功、お金、家族、名誉、健康・・などなど。しかし、これらは皆、移り変わっていくもので、永続するものではないのです。ですから、このようなものを軸にしようとしても、いつかは必ず倒れてしまいます。

では「神」という軸はどうでしょうか。「神への信仰」を軸にして生きている人は、回転軸が安定しているコマのように、ちょっとやそっとの試練では倒れません。それどころか、仮に倒れたとしても再び立たせて下さるお方(神)が、いつも傍らにいるのです。これは、何という大きな安心感のある人生でしょうか。

あなたは、何を人生の「軸」にして、生きておられるでしょうか。「あなたを創造し、あなたの人生を見つめ、あなたを導こうと願っておられる神様を人生の軸とし、この方と共に生きていく人生に、歩み出しませんか」。

あの小さなコマは、私たちにそう問いかけているのです。