ゲームチェンジャー

この記事は約3分で読めます。

『ですから、だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。』(IIコリント5章17節)

私たちの生活には、時折、根底から全てを変えてしまうような技術が登場することがあります。「LED」はその一例でしょう。先日、教会の母子室にある蛍光灯をLEDに交換したのですが、明るさは倍以上に見えるのに、消費電力は半減し、寿命は10倍になりました。すばらしい変化だと思いました。

おそらく、いま、新しく家を建てる方で、雰囲気を出すためにあえてそうするという方を除けば、部屋の照明として白熱灯や蛍光灯を新しく取り付ける人はまずいないでしょう。あまりにもLEDは優れていて、それまでの技術では勝負にならないからです。その意味で、LEDはそれまでの照明のあり方を根本から変えてしまう、まさに「ゲームチェンジャー」だったと言えるのではないでしょうか。

では、「人生のゲームチェンジャー」は、果たしてありうるのでしょうか。

実は、あるのです。聖書が私たちに示しているのは、まさにそのような「根本的な変化」を、イエス・キリストは私たちの「人生」にもたらすことができる、ということです。冒頭の聖書の言葉はまさにそのことを示しています。

この中で「古いもの」とあるのは、私たちの「古い生き方」のことです。私たちは、自分の人生経験や習慣、あるいは家族や社会のしきたりといったものに、ある意味では捕らえられて生きています。多くの場合、それは良いものですが、時には私たちを束縛し、新しいことに適応する力をそいでしまったり、引き留めたりするのです。

イエス・キリストは、そのような古い生き方を、根本から変える力を持っている、と聖書はいいます。それが「新しく作られた者」という言葉に凝縮されています。これは、私たちの内面に「新しい生き方」が与えられることを示しているのです。まるで古い服を脱いで真新しい服に袖を通すように、キリストが私たちの心の中に働いて、私たちを新しくして下さると聖書は約束しているのです。ちょうど、LEDがそれまでの白熱電球に取って変わったように、キリストは根本から新しいいのちを、私たちの心に与えて下さるのです。

入学や就職、結婚や出産や育児、老いや病、そして死…。人生にはたくさんの「変化」を強いられる時が訪れます。そのようなとき、依り頼めるものを持たず、そのすべてに自力で対処しなければならないとしたら、その人の人生は本当に骨の折れるものになるでしょう。しかし、キリストを信じる人には「神に委ねる」という選択肢が常にあります。

人生の重荷を神に委ね、神の導きにお任せしましょう。そうするとき、私たちにとって「変化すること」が、恐れではなくてむしろ「期待」に変わるのです。