牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

永遠の慰めを与えてくださる神

『女が自分の乳飲み子を忘れるだろうか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとえ女たちが忘れても、このわたしは、あなたを忘れない。』(イザヤ49章15節) 今年も3.11がやって来ます。満10年だった...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

神に近づいていくために

『信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神がご自分を求める者には報いてくださる方であることを、信じなければならないのです。』(ヘブル人への手紙11章6節) ...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

あなたの心を白くする神の愛の光

『さあ、来たれ。論じ合おう。─主は言われる─たとえ、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとえ、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。』(イザヤ書1章18節) 当教会のある大崎地...
キリスト教Q&A

教会ではなぜ聖書を「神のことば」と呼ぶのですか?

【回答】以下のような確かな物的証拠があるからです。 1.写本の証拠 旧約聖書 レニングラード写本(マソラ本文) ユダヤ教では古くなった写本はゲニザと呼ばれる洞窟に保管し、時間が経つと廃棄したため、紀元...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

晴れの日も、嵐の日も

『強くあれ。雄々しくあれ。彼らを恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主ご自身があなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」』(申命記31章6節) 2020...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

空気のように存在感のある神

『あなたがたは、信仰により、神の御力によって守られており、終わりの時に現されるように用意されている救いをいただくのです。』(Iペテロ1章5節) ようやく春めいた雰囲気の日も出てきましたが、この冬はとに...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

真の美しさとは

『私たちはみな、覆いを取り除かれた顔に、鏡のように主の栄光を映しつつ、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられていきます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。』(IIコリント3章18節)...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

あらゆる所におられる神

『わたしは近くにいれば、神なのか。─主のことば─ 遠くにいれば、神ではないのか。人が隠れ場に身を隠したら、わたしはその人を見ることができないのか。─主のことば─ 天にも地にも、わたしは満ちているではな...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

私たちを救う神の熱心

『ほむべきかな 主。 日々 私たちの重荷を担われる方。 この神こそ 私たちの救い。神は私たちの救いの神。 死を免れるのは 私の主 神による。』(詩篇68篇19〜20節) 子どもの頃にキャンプをし、家庭...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

大きな視点で物事を見る

『あなたは天の掟を知っているか。地にその法則を立てることができるか。あなたの声を密雲にまであげ、みなぎる水にあなたをおおわせることができるか。』(ヨブ38:33〜34) 今年は8月上旬までずっと長雨が...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

消えることのない光を心に

『太陽はもはや、あなたの昼の光とはならず、月の明かりもあなたを照らさない。主があなたの永遠の光となり、あなたの神があなたの輝きとなる。』(イザヤ60章19節) 「ジー・・・。ブチッ!」 ある日の朝、耳...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

神と人とを隔てる幕

『実に、キリストこそ私たちの平和です。キリストは私たち二つのものを一つにし、ご自分の肉において、隔ての壁である敵意を打ち壊し、様々な規定から成る戒めの律法を廃棄されました。』(エペソ2章14〜15節)...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

自分の小ささを正しく知る

『ですから、わたしはあなたがたに言います。何を食べようか何を飲もうかと、自分の
いのちのことで心配したり、何を着ようかと、自分のからだのことで心配したり
するのはやめなさい。』(マタイ6章25節) 新...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

全てのことの背後にいてくださる神

『すべての訓練は、そのときは喜ばしいものではなく、かえって苦しく思われるものですが、後になると、これによって鍛えられた人々に、義という平安の実を結ばせます。』(ヘブル12章11節) 先日、このコラムに...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

変わることのない神の愛

『イエス・キリストは、昨日も今日も、とこしえに変わることがありません。』(ヘブル13章8節) 先日、出張で静岡を訪れました。復路は雲一つ無い天気で、新幹線の車窓から見える空の青さと、雪を抱く富士山のコ...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

心の目詰まりを取り除く

『あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。』(Iペテロ5章7節) 暖冬と言われる今年ですが、先日牧師室で机に向かっていると寒さを感じました。エ...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

神は背負ってくださる

『あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたが白髪になっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。わたしは運ぶ。背負って救い出す。』(イザヤ46章4節) 「パパ、白髪が1本飛び...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

誰が人を造ったのか

あなたこそ 私の内臓を造り 母の胎の内で私を組み立てられた方です。 私は感謝します。 あなたは私に奇しいことをなさって 恐ろしいほどです。 私のたましいは それをよく知っています。(詩篇139篇13〜...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

神の意志か、自分の意志か

『神はみこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださる方です。』(ピリピ2章13節) キリスト教に余りなじみの無い方は、漠然と「キリスト教を信じると『窮屈な』人間...
牧師コラム「鶴ヶ埣の風」

「人生の主審」はだれか

『しかし私にとって、あなたがたにさばかれたり、あるいは人間の法廷でさばかれたりすることは、非常に小さなことです。…私をさばく方は主です。』(Iコリント4章3〜4節) 日本代表は惜しくも決勝で敗れました...
タイトルとURLをコピーしました